MENU

女性の薄毛の原因FAGAとはいったい何?

最近女性でも薄毛を気にしている
人が増えてきているようです。

 

その原因は様々で鉄分不足や
新陳代謝が悪いなどがあります。

 

でも実は男性には男性の原因
女性には女性の原因があるんです。

 

それがFAGAと言って(女性のAGA)
とも言いそれを詳しく説明します。

 

まずFAGAと言われて知っている人は
ほぼ無いに等しいと思います。

 

「FAGA」との正式名称は
「女性男性型脱毛症」と言います。

 

失礼な話ですが女性は男性のように髪が
全くなくなるこということないですよね。

 

女性の場合毛根の密度が薄くなり
髪が細くなりハリやコシがなくなるのが特徴です。

 

他にも脱毛症には多くの種類がありますが
一部ご紹介します。

 

・分娩後脱毛症
出産後に見られる脱毛症で抜け毛が増え
髪が痩せ細るなどといった一時的な症状。

 

・ひこう性脱毛症
フケがかさぶたの様に毛穴を塞ぎ雑菌を繁殖
させ頭皮の炎症を引き起こし抜け毛が増える。

 

・牽引性脱毛症
長期間ヘアゴムなどで髪を引っ張ったまにし
髪の重みで生え際への負担やがかかって
引っ張られた部分が脱毛する症状です。

 

・びまん性脱毛症
髪が全体的に薄くなり特に頭頂部の頭皮が
透けて見えるようになってしまう。

 

女性の男性型脱毛症であるFAGAの多くが
びまん性脱毛症で髪の毛が全体的に薄くなります。

 

「FAGA」が起こる主な原因は老化による
ホルモンバランスの崩れが多いです。

 

若い女性にはほとんど見られませんが
40代から症状が現れることが多いそうです。

 

40代は女性ホルモンの減少が目立ってくる
年齢でFAGAの症状が増え始めます。

 

そして女性ホルモンが減少すれば男性ホルモン
が増え60代ではかなり顕著になってきます。

 

女性ならではといった出産による脱毛症や
髪を引っ張り続けるヘアスタイルをすること
によって発症する脱毛症などたくさんあります。

 

女性の場合は自分の判断で育毛剤などを使い始める
のではなくまずはクリニックで診断を受けましょう。