MENU

亜鉛とはいったい?

みなさん「亜鉛」と言われていまいち
ピンとこない人が多いと思います。

 

どんな食品に含まれているのか
どんな役割があるのかわかりませんよね。

 

なので「亜鉛」の役割と多く含む
食品などをご紹介します。

 

まず「亜鉛」とは・・・

 

たんぱく質の合成や骨の発育などに
欠かすことのできない重要なミネラルです。

 

新陳代謝を良くし免疫力を高め100種類
近くもの酵素に関係している栄養素です。

 

さらに亜鉛はタンパク質をアミノ酸に分解し
体内を常に弱アルカリに保つのに必要な
酵素の材料の1つでもあります。

 

最近では「亜鉛」はデトックスサプリとしても注目され
有害物質を捕まえて毒性を排泄させる働きをします。

 

「亜鉛」が不足すると
・皮膚炎
・脱毛症
・味覚障害
・免疫力低下
・男性の場合前立腺の障害

 

最近多いと言われている骨粗しょう症に
亜鉛が有効だという実験結果がでました。

 

「亜鉛」のことが全くわからなかった人も
どれだけ大事かわかったと思います。
でも何に含まれているか何を摂ればいいか
意外と身近に亜鉛は含まれています。

 

・牡蠣 13.2mg
・豚のレバー 6.9mg
・松の実 6.0mg
・ごま 5.9mg
・カシューナッツ 5.4mg
・牛肉4,5mg
・たいら貝 4.3mg
・卵黄 4.2mg(卵白には含まれない)
・干ししいたけ 2.3mg
           ※100gに含まれる量

 

そして1日で必要な量は男女共に
12mgが平均の基準として必要です。

 

牡蠣1つと考えたら余裕と思いがちですが
1つ摂って完全に13mgを摂れません。

 

必要な量を食事で摂れていると思っても
「亜鉛」は吸収されにくい性質があります。

 

一緒に摂ると吸収を妨げる
・食物繊維
・タンニン(緑黄色野菜などに含まれる)
・インスタント食品
・スナック
・カルシウム
・アルコール

 

などと一緒に摂ると吸収を妨げてしまいます。

 

基準値より摂っていても吸収されなかったり
妨げてしまう食品と一緒に摂っていたら
意識して多めに摂るようにしましょう。

 

さらに「亜鉛」を一気に摂り過ぎて
しまうと急性亜鉛中毒になってしまいます。

 

1回の上限としては2g以下となっていて
1日の上限は30mgとなっています。

 

1回で2gというのは缶詰の容器の亜鉛が
溶け出し食べてしまったなどのケースです。

 

普通に生活していたらまずありえない
と思っていても大丈夫です。

 

毎日少しづつ継続的に摂り
バランスを考えて摂ってください。