MENU

薄毛に関係?非ヘム鉄とヘム鉄の違いとはいったい?

「非ヘム鉄」と「ヘム鉄」は鉄という
くらいですので鉄分の一種です。

 

でもそれがどう薄毛と関係するのか
詳しく説明していきます。

 

まず大まかに「非ヘム鉄」と「ヘム鉄」
は鉄分だと上記で言いました。

 

鉄分は体中に酸素を送る役目をする
赤血球エネルギー源です。

 

酸素が頭皮にもはこばれ新陳代謝
がよくなり毛根が強くなります。

 

逆に鉄分不足になり貧血になると
毛周期が狂い髪の毛が抜けてしまいます。

 

なので普段から鉄分を摂るように
しようと摂っている人もいるでしょう。

 

ですが基準値の分食べても必ずしも
その量摂れているわけじゃありません。

 

鉄分の中にも吸収されやすいもの
されにくいものがあります。

 

それが「非ヘム鉄」と「ヘム鉄」
というわけで違いをお教えします。

 

「ヘム鉄」
・肉や魚などの動物性食品に含まれる
・吸収率10〜20%
・有機鉄で溶けやすくイオン化しやすい

 

「非ヘム鉄」
・野菜や海藻などの植物性食品に含まれる
・吸収率1〜6%
・無機鉄で消化吸収されにくい

 

意外と大きく真逆の違いがあります。

 

ざっと見て吸収率の高い「ヘム鉄」
の方がよさそうですよね。

 

じゃあ吸収率のいい「ヘム鉄」だけ
摂っておけばいいと思いがちですが
実はそれが違うんです。

 

でもなぜ「ヘム鉄」は吸収されやすく
「非ヘム鉄」吸収されにくいということなんですが・・・

 

「非ヘム鉄」サビや無機鉄の鉄イオンの仲間で
消化吸収されにくい性質になっています。

 

動物性タンパク質に含まれる消化酵素やビタミンC
などの還元物質によりヘム鉄になります。

 

そこで「非ヘム鉄」から「ヘム鉄」になり
初めて吸収されるようになります。

 

こうした段階があるので「非ヘム鉄」は
「ヘム鉄」より吸収されにくいのです。

 

ですがさっきも言った通り「ヘム鉄」だけ
摂ればいいわけではないんです。

 

野菜・穀類・卵などに含まれる「非ヘム鉄」は
一緒に摂る栄養素により吸収率が変わってきます。

 

それがビタミンCとたんぱく質です。
しかもビタミンCはに熱に弱い性質ですが
イモ類のビタミンCは熱に強いのが特徴です。

 

たんぱく質は肉・魚・卵・乳製品などに
含まれ「ヘム鉄」も含まれています。

 

同じ鉄分でも種類はありますが
調理法などに応じてバランスよく
摂るようにしましょう。